コーヒーの品質向上事業

CGNでは、コーディリエラ山岳地方の環境保全と先住民族の生計向上を同時に実現できるプロジェクトとして、アラビカ・コーヒーのアグロフォレストリー(森林農法)による栽培指導と苗木の支給を2006年よりコーディリエラ地方のたくさんのコミュニティで行っています。

苦労して栽培してきたコーヒーが先住民族の収入につながるように、CGN収獲期を迎えたコミュニティで、品質のいいコーヒー豆を生産するための収穫後の精選、選別、貯蔵方法を伝えるトレーニングを開始しました。

2013年~2015年までベンゲット州国立大学(BSU)に留学していたコーヒー専門家の山本博文氏の協力を得て、多くのコーヒー栽培地で技術指導を行っています。

 

<おもなコーヒーの品質向上事業>

フィリピン北部山岳地方におけるアラビカ・コーヒーの品質向上のための基準作りと普及事業(平和環境もやいネット)

■2015年4月~

■公益財団法人日本国際協力財団 助成

東ティモールでコーヒーの品質向上をサポートした経験のあるNPO法人「平和環境もやいネット」がその経験を生かして、コーディリエラ山岳地方のコーヒー栽培農家が自助努力により品質のよいコーヒーを生産するためのプロジェクト。CGNはパートナーとして事業地での活動をサポート。

品質に対する意識を高め、世界基準の品質に対するスタンダードを拡散するため、ベンゲット・コーヒー・カウンシル(BCC)やマウンテン州DTI(通商産業オフィス)と連携し、品質基準の評価方法についての講習を行う。一方で、山岳地方の遠隔地に位置するコーヒー栽培コミュニティで農家を対象とした実践的なワークショップを実施。収穫後の精選方法に限らず、病気・害虫対策、古い木のメンテナンス法などもトピックスに加え、あらゆる側面からコーヒーの品質を上げるためのトレーニングを実施。

また、地域にコーヒーの品質を評価できる人材を育成するための香味に関するトレーニング、カッピング・ワークショップも実施。

農家同士の学びに重きを置き、コーディリエラ山岳地方の農家同士の交流をはじめ、東ティモールのコーヒー農家との交流も行っている。講師はコーヒー専門家の山本博文氏。

 

ベンゲット州トゥブライ郡コーヒー栽培農家のコーヒー品質向上のための組織強化プロジェクト(WE21ジャパン JICA草の根技術協力事業支援型)

■2016年7月~

■WE21ジャパンーJICA横浜

国際協力機構横浜国際センター(JICA横浜)認定NPO法人「WE21ジャパン」の草の根技術協力事業に、CGNは現地協力団体として参加。

コーヒー栽培に力を入れているトゥブライ郡では、自治体の環境事務所が中心となって大量のコーヒーの苗木を配布し、植樹を推進している。将来的に収穫されたコーヒー豆が住民の生計向上につながり、貧困が軽減されるために、56店舗のリユース・リサイクル・チャリティショップを組織するWE21が、その経験を活かし、コーヒー農家の組織強化の方法を指導。また、組織で品質向上を図るために必要な人材育成、加工機材の支給を行う。また、農家同士の交流を行い、組織間のネットワークづくりの重要性を強調する。