スタディツアー

コーディリエラ・グリーン・ネットワーク(CGN)では、コーディリエラ地方のすばらしい自然を味わい、先住民族の自然と調和した暮らしを体験し、伝統の独特の文化と風習を知り、そして直面する環境問題に触れ、同じアジアに、そして地球に住むものとして、いかに行動に移していくかを考えるヒントを得られるような、さまざまなスタディーツアーやワークショップを企画しています。

 

 

ツアーの告知は、CGNのFBページや、CGNと連携しているゲストハウスTALAのFBページなどで行っています。また、学生団体やグループを対象にオリジナルツアーの企画も行っています。お気軽にお問い合わせください。

cordigreen@gmail.com

 

イフガオ州の世界遺産の棚田で田んぼ体験
イフガオ州の世界遺産の棚田で田んぼ体験

<フィリピン滞在中の方のためのツアー>

 バギオやフィリピンのほかの地域の英語学校や大学で学ぶ日本人や韓国人の学生のために、シェア&ゲストハウスTALAと共同週末や休日を利用したスタディツアーを企画・催行しています。フィリピン滞在中に英語だけでなく、さまざまな体験をしたいという人は多いのですが、どのようにしてその機会にアクセスしたらいいかわからない人も多いはず。CGNの豊富で広範囲な事業経験から、参加者の関心にあわせたツアーを提案しています。また、スタディツアー参加は、学んだ英語を実際に使ってみるまたとない機会にもなります。

●ツアーの例●

 

 山の村で木を植えませんか? 植林体験日帰りツアー 

CGNの植林事業地で先住民族の村人と一緒に、ベンゲット松やコーヒーなどの苗木を植えます。植林シーズンはフィリピンの雨季で、6-9月までの体験ツアーとなります。ランチは先住民族の伝統の鳥料理「ピヌピカン」などを村の人と一緒にただきます。

 

 ―とれたてサラダ・ランチつきオーガニック農家訪問ツアー

 

山岳地方では近年オーガニック野菜の栽培が盛んになっています。意識の高い農家さんの中には、アグリツアーとして来訪者に農園を開放しているところもあります。そんな農家を訪ねてオーガニック栽培についてのお話を聞きます。農園でとれたばかりのサラダ・ランチは、肉が多いフィリピンではうれしい限りです。

<日本やマニラからの宿泊するスタディツアー>

環境NGOならではの植林などのエコ・ツアー、世界遺産の棚田でのホームステイを組み入れたツアー、CGN得意のアートを取り入れたツアーのほか、現地NGOならではのネットワークをいかしたさまざまなスタディツアーやイベントを企画・催行しています。

 ●ツアーの例● 

―水牛と山岳民族の循環する暮らしツアー~山岳民族の村でホームステイ~(7泊日)

山梨県の都留環境フォーラムと共同で企画したホームステイ・プログラムです。都留環境フォーラムが実践している家畜とともにある「循環する暮らし」をテーマに、マウンテン州の素晴らしい棚田の村・マリコンでツアーを行いました。マニラ発着のプログラムで、フィリピン国内やほかの国在住の方も参加しました。参加者の年齢も19歳から74歳と幅広くバックグランドも様々でしたが、それぞれのペースで主体的に旅を楽しみました。滞在した村は道路がなく、伝統の文化・風習を色濃く残す小さな村でした。だからこそ、先住民族ならではの暮らしの真実を体験することができました。小学校との交流なども取り入れ、現地のNGOでないと企画できない個性的でタフなツアーとなりました。 

 

フェアトレード・コーヒーのふるさととNGO事業の現場を訪ねる旅(67日)

CGNが先住民族の生計向上プログラムとして植林してきたコーヒーのアグロフォレストリー農園を訪ねます。雨季(6-9月)には植樹のお手伝い、収穫期(11-1月)は収穫のお手伝いをします。旅行代理店を通した公募ツアーのほか、グループ向けのオリジナル・ツアーの企画・催行もしています。お問い合わせください。

その他、以下のようなテーマのツアーを、グループからのリクエストに応じて催行しています。

・先住民族と鉱山開発ツアー

・第二次世界大戦の記憶を辿る旅

・世界遺産の棚田の村でホームステイ