フェアトレード

CGNではアグロフォレストリー事業で栽培指導したアラビカ・コーヒーを中心に、フェアトレード販売をしています。コーヒーは日本のフェアトレード団体への輸出のほか、マニラのコーヒーショップやフィリピン国内のバザーやイベントで、生産者の暮らしの紹介ともに販売しています。

 

 ●シサム・コーヒー●

関西の有名フェアトレードショップ「シサム工房」が、オリジナルコーヒーとして、CGNがアグロフォレストリー事業で栽培し・収穫したコーヒーを販売しています。焙煎は京都の中山珈琲焙煎所。「みんなが幸せになるコーヒー」を合言葉に、種から一杯のカップに至るまで、関わった人すべてが心を込めてていねいに育て、作り上げたコーヒーです。

2016年ソーシャル・プロダクツ・アワード優秀賞を受賞しました。

 

ご注文はこちらのサイトから。


●KAPI TAKOコーヒー●

国際協力NGO「わかちあいプロジェクト」のフェアトレード・オンラインショップでも販売しています。「Kapi Tako(カピタコ)」は、栽培地の先住民族の言葉で「コーヒーを飲もうよ!」という意味。中焙煎で飲みやすいコーヒーを焙煎したてで届けてくれます。ご注文は こちらのサイトから。


  
CGNのアグロフォレストリー(森林農法)によるコーヒー事業については [
「KAPI TAKO」のサイトをご覧ください。生産地や生産者の情報を発信しています。

 

◆先住民族を支援する手工芸品の紹介は「カラバオ・ママ」のサイトをご覧ください。カダクラン村で作ったホウキなどの情報をお知らせしています。