CGNの活動紹介

CGNでは、コーディリエラ地方の山岳部の環境保全のため、林業、農業、教育、エネルギーなどさまざまな分野で活動を行っています。詳細はそれぞれのページをご覧ください。

 

***

■植林&アグロフォレストリー(森林農法)■

土砂崩れ防止、水源涵養などのために事業地にあった樹種の植林を進めています。とくにフィリピン在来種の植林に力を入れています。

環境保全と同時に山岳地方の住民の生計向上につながるアグロフォレストリーの技術指導と資材の支給を行っています。標高の高い地域ではアラビカ・コーヒーの栽培を中心に行っています。

 

■コーヒーの品質向上■

アグロフォレストリー事業で栽培指導をしたコーヒーの木が生育し収穫が始まったときに、品質の良いコーヒーを生産できるように収穫後の精選、乾燥、貯蔵の方法などを指導しています。また、栽培時の害虫・病気対策、古い木のカットバックの指導なども行っています。

 

環境教育ワークショップ■

山岳地方の豊かな自然の価値を伝えるための環境教育ワークショップを、子供たちや教員向けに行っています。

 

■環境と国際交流イベント■

多くの人に環境問題や環境保全の重要性を伝えるために様々なイベントを開催しています。 

スタディツアー、環境イベントなどを通して、コーディリエラ地方の環境問題や環境保全の大切さを海外の人に伝えるプログラムを実施しています。

 

■持続可能な農業&エネルギー■

地域で手に入るマテリアルを活かした堆肥作り、木酢液づくりなどの技術を指導しています。地域にある自然資源や廃棄物を活かしたエネルギー自給のためのモデル事業を行っています。

 

グリーン奨学金プログラム

先住民族の大学生のための里親奨学金プログラムです。

 

■被災地復興サポート■

 

台風などの自然災害による被災地の支援をしています。物資による緊急支援や中・長期のサポートも実施しています。

 

■環境教育マテリアルの制作■

 山岳地方の地域の文化や自然にあった環境教育教材を制作配布しています。

 

■フェアトレード■

先住民族の村で行った生計向上プログラムで生産された製品のフェアトレードによる販売をサポートしています。とくにアグロフォレストリー(森林農法)で生産したアラビカ・コーヒーの販売に力を入れています。