環境教育ワークショップ

植林やアグロフォレストリーなどの事業を行うコミュニティでは、必ず環境教育も同時に行っています。

「コーディリエラ山岳地方で起こっている環境問題とは?」

「エコシステムとは何か?」

「自然を痛めつけるとどんな風に暮らしに影響があるか?」

「コーディリエラ地方がどれだけ豊かな自然資源を持っているか?」

「山岳地方の貴重な生態系とは?」 

などをテーマにセミナーやワークショップで伝えています。

とくに演劇やアートを使った子どもたちへの環境教育、幼児向けの野外自然教室などに力を入れています。 

また、学校で継続して授業の中で環境教育を取り入れて行けるように、教員向けの環境教育プログラムも行っています。講師は、日本人とフィリピン人のアーティストや環境教育ファシリテイタ―たちです。

■演劇を活用した環境教育ワークショップ■

CGNがとくに力を入れているのは、演劇を活用した環境教育です。コミュニティの祭りでみなで即興で歌ったり踊ったりする風習のある先住民族のコミュニティの人々の身体能力はとても高く、環境問題を自分たちの問題として考え、話し合い、解決方法を見出すためにコミュニティ・シアターはたいへん有効な手段です。

先住民族に伝わる民話にも自然と共生する叡智を伝える物語がたくさんあり、聞き書きした民話をベースとしてワークショップで演劇を作ります。また、森林破壊や水不足、鉱山開発による環境破壊などを調査し、話し合いながら演劇作品を作るというワークショップも数多く行っています。観客も参加し、一緒に環境問題を解決する方法を考える「フォーラム・シアター」という手法も取り入れています。

ワークショップで制作した演劇作品はコミュニティで発表し、より多くの人に地域の環境問題を伝える場としています。

また、今までに、バギオやマニラでも発表の機会を得てきました。2011年には日本にも環境教育研修を兼ねたツアーを行い16人の先住民の青少年たちが山梨県と愛知県で演劇発表を行いました。

2017年からはインドネシア・スマトラ島アチェにも、当プログラムの事業地を拡大し、演劇を活用したワークショップを日比のファシリテイタ―とともに実践しています。

2011年5月名古屋市東海高校での演劇発表
2011年5月名古屋市東海高校での演劇発表

いままでに、CGNが主催した演劇による環境教育ワークショップに参加した青少年たちのグループを「Aanak di Kabiligan」(山の子供たち)と呼び、将来のコミュニティの環境リーダー育成のため、継続して環境ワークショップを行っています。

2016年8月に行った鉱山開発による環境問題を調査して制作した演劇の発表会(マウンテン州タジャン町カヤン村」)
2016年8月に行った鉱山開発による環境問題を調査して制作した演劇の発表会(マウンテン州タジャン町カヤン村」)

■3Rキャンペーン■

CGN事務所のあるバギオ市は人口30万人の都市であり、ゴミの処理が大きな問題となっています。CGNではReduce, Recycle, Reuseの「3R」を推進するため、設立当初よりさまざまな活動を行ってきました。エコバッグの普及のため「エコバッグ・デザイン・コンペティション」なども開催してきました。

 

<おもな環境教育事業>

フィリピン・ルソン島北部山岳地方マウンテン州における教職員を対象とした環境教育指導者養成事業

2013年4月~2016年3月

■独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金 助成

2012年~2013年に地球環境基金の入門助成を受けて実施した「フィリピン・ルソン島北部山岳地方における子供のためのアートを活用した環境教育モデル事業」では、マウンテン州サバンガン町の小学校とハイスクールの生徒を対象に、アートや演劇などを取り入れた体験型の環境教育ワークショップを行い、そのアウトプットとして「Kawawanan Batawa Eco Festival」を開催した。ファシリテイタ―には日比のアーティストを採用し、既存の環境教育手法ではなく、事業地の自然条件や環境問題、暮らし、文化を考慮したワークショップ・プログラムの開発を行った。

2013年度からの3年間の事業では、2012年度の経験を踏まえ、インパクトの大きかったワークショップの手法をさらに発展させ、マウンテン州の3つの町の保育園、幼稚園、小学校、ハイスクールの教員向けにワークショップを行い、それぞれの学校で継続的に環境教育ワークショップが行われることを目的とした。

事業地は1年目はサバンガン町、2年目はバーリグ町、3年目はバウコ町。ファシリテイタ―には日比のアーティストや専門家を招聘し、1年間の事業の最後には、教員が各学校で生徒を対象に実践したワークショップで持ち寄った作品の展示と発表を行った。

●2012年度に開催した講習会&ワークショップのリスト

●2013年度に開催した講習会&ワークショップのリスト

●2014年度に開催した講習会&ワークショップリスト

●2015年度に開催した講習会&ワークショップリスト ➡

ルソン島北部先住民族の子供たちを対象とした演劇を活用した環境教育プログラム

2014年4月~2017年3月

■りそなアジアオセアニア財団 助成

CGNの行ってきた環境教育ワークショップの中でも、オリジナルの手法として定評のあった演劇を活用した環境教育ワークショップをさらに定着、発展させることを目的とした事業。より具体的な環境問題をテーマとし、コーディリエラ山岳地方で演劇によるワークショップをファシリテイトできる人材を育てていくことも目指した。ファシリテイタ―には、社会問題を扱った演劇ワークショップの指導者として第一人者の花崎攝氏をメインに迎え、3年間、実施した。

1年目はカリンガ州ティグラヤン町、マウンテン州サバンガン町、イフガオ州キアンガン町の3か所、2年目はマウンテン州ボントク町で開催した。3年目はさまざまな先住民族の青少年を集めてベンゲット州とマウンテン州の鉱山開発地域を取材しながらワークショップを通して演劇作品を制作した。

事業では、1年目は演劇作品のために収集した民話を絵本として出版、2年目は環境問題の解決方法を演劇ワークショップを通して考えるための「フォーラムシアター」の手法を記録したDVDを制作、3年目はモノローグによって構成された鉱山開発問題に関する公演とフォーラムシアターの記録ビデオ「Mining Stories」を制作した。

フィリピン、インドネシア、日本の青少年を対象とする 環境問題をテーマとした演劇交流事業

Theater Project on Environment Issue for Youth of Philippines, Indonesia and Japan

2017年4月~

■国際交流基金アジアセンター助成 

■総合地球環境学研究所/シアター&アーツうえだ/Komunitas Tikar Pandan

地域の環境問題啓発と解決策を考える場を創出するためにCGNが行ってきた演劇ワークショップ。経済発展著しいアジア各国の地方では、開発による環境問題が起こっているが、表の経済発展の陰に隠れ、その実態はなかなか表に出ず、また、地域の人に環境や日常生活への負の影響を知らされる機会が限られている。本事業では、豊かな森林資源と野生動物の宝庫と言われるインドネシア・アチェで活動するNGO「Komunitas Tikar Pandan」をパートナーとし、CGNが継続してきた演劇を応用した環境教育ワークショップをアチェでも実践した。

手法としては、参加者の青少年たち自身が地域の環境問題を聞き書きインタビューにより取材し、それをモノローグ・テキストを中心にした演劇作品にすることとした。

2017年度は鉱山開発をテーマに、コーディリエラ山岳地方のさまざまな民族の青少年が参加者となり演劇制作をし、バギオ市とマニラで発表公演ののち、アチェにて公演とアチェの高校生とともに演劇ワークショップを開催。

2018年度はユネスコ世界遺産とともに世界農業遺産にも指定されているイフガオ州の棚田の8つの町の高校で、棚田での稲作や伝統農業をテーマにした聞き書きインタビューと演劇ワークショップを開催し、8校が一堂に会して発表公演を行った。Komunitas Tikar Pandanのメンバーとファシリテイタ―は、コーディリエラ地方を訪問してワークショップを開催した(共催:総合地球環境学研究所/トヨタ財団)。

事業に参加したイフガオ州の演劇ワークショップ・ファシリテイタ―たちは、長野県上田市の「街中演劇祭」に招聘され、棚田をテーマとした演劇発表と日本の参加者を交えた上田市の棚田をテーマとしたワークショップを行った。

◇ブログ◇

◇CGNのフェアトレードコーヒー◇

◇パートナー団体◇