CGNの歩み

2001年9月 フィリピン共和国法に基づいて法人登録

2001年12月

2002年12月

 エコロジカル・ペインティング・コンペティション(キープ協会・地球環境基金)

2002年10月

カリンガ州パシルにてグリーン奨学金プログラムを開始(継続中)コーディリエラ・グリーン・ネットワーク日本事務局、任意団体として活動開始

2003年6月

ベンゲット州キブンガン町にて植林事業(イオン環境財団)

2004年2月

キブンガン町ポボラシオン村で植林と養蜂プロジェクト(イオン環境財団)

2005年1月~

2006年3月

「ベンゲット州キブガン地方のアグロフォレストリー事業」(イオン環境財団)

2005年6月

愛知EXPO「地球市民村」出展(キープ協会)

2005年7月

アパヤオ州におけるアグロフォレストリー事業開始(キープ協会・地球環境基金)

2006年4月~

2009年3月

アパヤオ州におけるアグロフォレストリー事業第二期 (イオン環境財団)

2006年8月~

2007年11月

コーディリエラ各地にて環境教育セミナー開催(キープ協会・地球環境基金)

2007年4月~

2009年3月

アパヤオ州マラマ村にてアグロフォレストリー事業を実施(イオン環境財団)

2007年6月~

2010年5月

カリンガ州パシル地方にて持続可能なエネルギーモデル事業(キープ協会・三井物産環境基金)

2007年7月~

2008年6月

ベンゲット州カバヤン地方にて「持続可能な農業」事業(ゆうちょボランティア貯金)

2007年8月~

2009年7月

イフガオ州とベンゲット州にて森林再生事業(東芝150万本の森づくり)

2007年9月~

ルソン島北部リージョンIIIにおける水源涵養のための森林再生事業 (PMPMI)(継続中)

2008年4月~

2011年3月

コーディリエラ地方全域における環境教育事業(キープ協会・地球環境基金)
2009年1月 イフガオ州マヨヤオとカリンガ州ルブアガンにて第2回コーディリエラ・ユース・エコ・サミット

2009年4月~

2012年3月

マララオ-カランギガン-レパント地区水源の森林再生のための植林事業(イオン環境財団)
2010年10月~ ベンゲット州トゥブライ町にて「コーヒーのアグロフォレストリー栽培による災害に強いコミュニティ作り」 (神奈川県WE21ジャパンとの共同事業)(継続中)
2011年5月 先住民族青少年の演劇グループ「Anak di Kabiligan」、日本にて環境教育と国際交流プログラム

2011年7月~

2012年6月

ベンゲット州ブギアスにおける水源共有林の再生および保護事業(キープ協会、国土緑化推進機構・緑の募金公募事業)

2012年4月~

2014年3月

ベンゲット州カパンガン町サグボ村における水源林保全と植林事業(イオン環境財団)

2012年4月~

2013年3月

ルソン島北部山岳地方におけるアートを活用した環境教育モデル事業(地球環境基金)

2012年5月

マウンテン州サガダにおける青少年を対象とした環境演劇ワークショップ(大竹財団)

2013年4月~

2015年3月

フィリピン・ルソン島北部山岳地方マウンテン州における教育職員を対象とした環境教育指導者養成事業(地球環境基金)(継続中)

2013年7月~

2014年6月

ベンゲット州トゥバ町タバアン村における水源林の再生と保全のための事業(キープ協会、緑の募金公募事業のカウンターパート)
2013年8月 国際交流基金マニラ事務所 浮世絵展関連事業「ふるさかはるか木版画ワークショップ」開催(バギオ、マウンテン州サガダ)
2014年1月 国際交流基金マニラ事務所 浮世絵展関連事業「ふるさかはるか木版画ワークショップ」開催(バギオ市、イフガオ州ハパオ村)
2014年4月~ ベンゲット州トゥブライ町アンボンドラン村における水源林保全と森林再生事業(イオン環境財団)(継続中)
2014年4月~ ルソン島北部先住民族の子供たちを対象とした演劇を活用した環境教育プログラム(りそなアジア・オセアニア財団)

2014年7月~

2015年6月

ベンゲット州トゥブライにおける森林再生と森林栽培モデル事業(キープ協会、緑の募金公募事業のカウンターパート)

2015年4月~

フィリピン北部山岳地方におけるアラビカ・コーヒー品質向上のための基準作りと普及事業(平和環境もやいネット、日本国際協力財団)

2016年7月~

ベンゲット州トゥブライ郡コーヒー栽培農家のコーヒー費質向上のための組織強化プロジェクト(WE21ジャパン、JICA)